Diary

2019.04.07

ショーウィンドウ


竹田写真館のショーウィンドウのディスプレイを約2年半ぶりに変えました。
ご来館予定のお客様、ご近所のお客様、
是非ご覧くださいませ。

2019.04.03

キッチンニコ


心斎橋のキッチン和(KITCHEN NICO)さんが
本日で16周年を迎えられます。
この入れ替わりの激しい時代に16年は本当に凄いことだと思います。

思い返せば12年前のこの日、
翌年の独立に向け営業活動をしていたタイミングで
色々と相談していた後輩から
「今日知り合いのお店が周年なんで一緒に行きません?」
と言われ一緒に行ったお店こそキッチン和さんでした。
お店はパンパン、記憶は曖昧ですが、
街のオシャレさん、飲食関係、出版関係、デザイン関係、
音楽関係、映画関係、ファッション関係、
他にも多種多様な職種の勢いのある方々が集まっていて
今までの生活では出会えなかった人たちと名刺を交換させていただき、
自分自身も興奮して、独立への不安しかなかったところから
何か空気がガラッと変わった感じがしたというか、
前向きななれた一夜だったような気がします。

翌年に無事に独立でき、
その後は、飲みにいったり、取材で伺ったり、
イベントでお会いしたりしていましたが、
最近は夜の街自体にほとんど出れていなくて
ご無沙汰しております、、、。

キッチン和さんの周年のDMは毎年お店の前で撮影されていました。
今回オーナーさんが変わられるタイミングで、
まさに続きであり、新しい始まりでもある16周年のアニバーサリー。
そんな大切なタイミングにわざわざ
竹田写真館にご来館いただき、撮影をしていただきました。
僕にとっては感謝の場であり、甘酸っぱい思い出のお店の
新たな船出にご協力できて本当に嬉しい限りです。
この度はおめでとうございます。

2019.04.01

Meet Regional


本日発売。令和元年5月号のMeets Regional。
撮影させて頂いた写真が表紙になりました。
創刊して今年で30周年、まさに平成と共に、、、。
そんな節目に本当にありがたいことです。

そもそもまだカメラマンを目指す前の約24年前、
20歳頃から23歳くらいまで、毎月購入しては、
特集はもちろん、モノクロページ、プレゼントのコーナーまで
全て読破していました。
美味しいお店から、街の深いところ。ファッション、
カルチャー、面白い人、新しい動き、最先端のいろいろなこと。
そして何か心に引っかかるコピーや文章、目が止まる写真。
Meets Regionalはその当時の僕にとって、
情報を得るためだけのものではなく
オシャレで面白い大人の世界の入り口というか
モノサシであり方位磁石のような存在でした。
そしてカメラマンの世界に入り、独立した33歳、
まさかそんな雑誌の写真を自分が撮れる日が来るとは
夢にも思いませんでした。
そこから11年、様々な撮影をさせていただきました。
連載もさせていただきました。

昭和に生まれ、14歳で平成に変わり、
その当時お年玉で買ったウォークマンが
本当に嬉しかったことを今でも覚えています。
そこからパソコン、インターネット、携帯電話、スマホ、SNSと
情報を得る手段や娯楽も一気に進化していきました。
当時は今みたいにじっとしていても
情報が転がり込んでくる時代ではなかったので、
お金を出して買った雑誌を大切に隅々まで読んでいたし、
CDからカセットテープにダビングして擦り切れるまできいていた。
そんな気がします。
そして令和はどんな進化を遂げ
どんな時代になるんでしょうか??
楽しみで仕方ないですね。
今月号の『新世代の店』、家宝にします。

2019.03.31

春の撮影

もう明日の今頃には新しい元号を知っていると思うと不思議な感じですね。
「平成」に変わるときは全てが急に決まっていった感じだったように
中学生ながら思っていましたので今回は違った感じで、
いよいよかといった感じで、まさに春の感じですね。

そんな世の中もバタバタの年度末ですが、
竹田写真館の繁忙期は
9月後半から12月にかけての秋の時期です。
いい季節で、記念日も多く、七五三に、そして年賀状用に、
一年の締めくくりに多くのお客様にご利用頂き
忙しくさせていただいております。
そして、次に忙しい時期がまさに今の時期です。
卒業、入学、就職、転勤、新しい生活のスタート、出会いと別れ。
この時期の撮影は僕自身もいいなと思うところがあって、
お客様も新しい生活への希望や不安、
離れ離れに暮らすことになるタイミングだったりもあり、
親御さんもお子さんもいろんな感情が入り混じって、
あとあとも心に残るであろう
何か特別な時間、撮影になります。
ピカピカのランドセル、少しぶかぶかの制服、真新しいスーツ、
またそれとは逆についこの前まで毎日着ていた使い古した制服、
そんな脇役のアイテムも「今まで」そして「これから」の
物語を語ってくれてるように思います。
あいにく竹田写真館は土日祝のみの営業のため、
平日の卒業式や入学式の後にご利用いただくには難しい場合が多く、
ご迷惑をおかけいたしますが、
もし機会がありましたら、
この何かが始まる前の
なんとも言えない愛おしい空気が流れる、
春の撮影、おすすめです。

2019.03.21

2019年4月5月開館日のご案内

開館日をご案内致します。

4月
06日(土)9時45分から、12時45分から、15時15分以降空いています
07日(日)12時半から、13時45分から、16時15分から空いています
13日(土)調整中
14日(日)終日空いています
20日(土)調整中
21日(日)終日空いています
27日(土)終日空いています
28日(日)9時15分から、12時半から、13時45分から、16時15分から空いています
29日(月・祝)調整中
30日(火・祝)調整中

5月
02日(木・祝)10時から11時以外空いています
03日(金・祝)調整中
04日(土)調整中
06日(月・祝)調整中
11日(土)終日空いています
12日(日)終日空いています
18日(土)終日空いています
19日(日)終日空いています
25日(土)終日空いています
26日(日)終日空いています

*撮影は一時間です
*完全予約制になります
*上記以外の日時でも可能な限り調整致します
*上記は本日(3/21)の予約状況で以降の予約は反映されません
*ゴールデンウィークは調整中となっていますが可能な限りご予約は承ります

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ