Diary | 2018.05

2018.05.29

MALICK SIDIBE -Mali Twist-




マリの若者たちを撮り続けたマリック・シディベは
兄のセイドゥ・ケイタとならびアフリカの巨匠と評されます。
1962年「スタジオマリック」をバマコに開設、
内面をダイナミックに引き出した動きのあるポートレイトと、
若者が集まるパーティー全てに30年間足を運び撮影した
スナップショットを数多く残しました。

ロックンロールに興じる若者たちの姿からは、
当時の流行だけでなく、
植民地時代の過去からも、
誕生したばかりの社会主義政権からも
解き放たれた自由な雰囲気が伝わってきます。

そんな貴重な写真に脚光が浴びたのは、
意外と遅く2000年代に入ってから。
名声を手に入れた彼ですが 謙虚な人間性で、
いつまでも庶民の中に生き、
その感覚を失わなかったそうです。
2016年4月14日に81年間の生涯に幕を閉じました。

2018.05.23

2018年6月7月開館日のご案内

どうぞよろしくお願い致します。

6月
09日(土)終日空いています
10日(日)終日空いています
16日(土)終日空いています
17日(日)終日空いています
23日(土)終日空いています
24日(日)終日空いています
30日(土)12時から13時以外空いています

7月
01日(日)終日空いています
07日(土)終日空いています
08日(日)終日空いています
14日(土)終日空いています
15日(日)終日空いています
21日(土)終日空いています
22日(日)終日空いています
28日(土)終日空いています
29日(日)終日空いています

*撮影は一時間程度です
*完全予約制になります
*上記以外の日時でも可能な限り調整致します
*上記は本日(5/23)の予約状況で以降の予約は反映されません

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ

 

2018.05.22

竹田写真館は新しい場所で四年目を迎えました

本日写真館は新しい場所(今の場所)に移って三年が経ち、四年目を迎えます。
いつも何かの記念日ごとにお伝えしていますが、
これもひとえに今までお越し頂きました全ての皆様と、
いつも支えて頂いています皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

三年が経ち、写真館の建具、椅子、表札、などなど
益々味が出てたまに見てはニンマリしています。
もう一つ、昨年あたりから新規のお客様の数より、
顧客様の数の方が増えていて、これは嬉しい限りです。
ほとんんど宣伝もしていませんので、
基本的にはお客様の口コミです。
ご新規のお客様でも
「〇〇さんに勧めていただきました!」
「〇〇さんのお宅に飾ってあるお写真が素敵で!」
「〇〇さんの年賀状が素敵だったので!」
「〇〇さんのSNSを見て!」
という風に初めてお会いするお客様も半ば親近感がある方が増えて本当に嬉しいです。
営業努力的な視点から言えば今の状態では駄目なのかもしれませんが、
「毎年撮る」ことをテーマに始めた写真館なので、、、。
初めてお越しいただくお客様も当然嬉しいです。
2回目お越しいただけたら一気に距離が縮まります。
毎年お越しいただけるお客様は大袈裟かもしれませんが、
家族(失礼ですが、お客さまというより身内よりです)の視点になります。
写真館を初めてこの秋で七年目。
そういった距離感と温度でお仕事させて頂けてることが何よりの財産だと思います。

ここ数年は色々やりたいことを考えていても、なかなか実現できないフラストレーションもありますが、
逆にそういった自由な時間がない分、目の前のお客様に集中できているのかなとも思います。

6月より、前にもお伝えしていました通り(下記にリンクを添付しました)、
一部サービスの変更を実施します。
夏頃にサービスの変更も踏まえたホームページのリニューアルを予定しております。
あとは、毎年撮影させていただいたお写真を飾っていただくための仕組み、
そして来年用の年賀状サービスの内容を詰めています。
竹田写真館で小さな小さなメディアを作ろうとも考えています。
「移転にまつわるお話」も結局完結出来ていません。頑張ります、、、。
こうして公言していないと、なかなか実現できないので、
一方的にお伝えさせていただいております。

続けていくことは本当に大切なことですが、
続けさせて頂いていることに感謝がなければ意味がないと思います。
今後とも竹田写真館をどうぞよろしくお願い致します。
いつもありがとうございます。

館長 竹田俊吾

>一部サービスの変更について

2018.05.19

『ポラロイド写真館@竹田写真館』終了致しました

本日はポラロイド写真館にお越し頂きまして誠にありがとうございました。
実は5月22日で写真館が今の場所に移って丸三年、四年目を迎えます。
毎年この時期は一年の中でも最高に気持ちのいい季節です。
そんな季節に、感謝の気持ちを込めて毎年の開催を計画していましたが、
昨年のこの時期はバタバタで、ギリギリで中止にし開催できず、、、、
ようやく今年は開催できました。
移転の日を思い出すお天気に恵まれ、
時間帯によっては文字通り、扉も開放して気持ちのいい一日でした。
ほとんどのお客さまが、写真館に普段からお越し頂いている方と、
一度ポラロイド写真館でお越しいただいた方で
それはそれは本当にありがたく、嬉しい時間でした。
ありがとうございました。
ポラロイドフィルムが出来上がって、めくってもらう時のお客様の反応は、
毎回こちらも楽しい時間です。
また写真館の椅子と白い壁を使って、ご自由にお写真を撮っていただいているんですが、
その風景がすごく好きです。

そんな写真館を開放してのポラロイド写真館。
年内にあと一回開催できれば嬉しいんですが、
写真館での次回開催は可能であれば夏頃、もしくは来年の2月頃を予定しております。
昨年生産が終了したプロ用のポラロイドフィルムですが、
大量に買い込んだおかげであと5〜7回ぐらいはこちらのイベント開催できそうです。
とはいえ永遠に続けられないのは残念で仕方ないですが、
これも時代の進むべく方向の結果、、、。
貴重なポラロイドフィルムを使ったこのイベント、是非またの機会にどうぞよろしくお願い致します。
最後に写真使用を快諾して頂きました皆様。ありがとうございました。
info20180519_01
info20180519_02
info20180519_03
info20180519_04
info20180519_05
info20180519_06
info20180519_07
info20180519_08
info20180519_10

2018.05.07

竹田写真館のポラロイド写真館@竹田写真館

info20180507_01 info20180507_02
心地よかったゴールデンウィークの終わりを告げる雨。
でも雨もまた気持ちいい季節ですね。
この気持ちのいい5月に写真館を開放しまして
今年2回目のポラロイド写真館を開催します。
当日はカメラをご持参頂きまして、写真館の白い壁を自由に使って、
お子さんやお連れさまの写真を撮って下さいね!!
僕で分かる範囲で写真の撮り方などの質問にもお答えします!!
特に何かこちらから用意する訳ではなく申し訳ございませんが、
飲食物の持込み、ただおしゃべりに来られる等大歓迎ですので、
お気軽に写真館の開放日にお越し下さいませ。
なお、今回よりご予約頂いた方、優先にてご案内いたします。
ご予約なしでも撮影させていただきますが、
お時間帯によっては少々お待ちいただく可能性もありますので
ご了承のほどよろしくお願い致します。
ご予約は11時から15分刻みで、最終ご案内は16時45分〜です。
下記のお問い合わせより
ご希望のお時間を明記の上ご予約お願い致します。

お問い合わせ

〜竹田写真館のポラロイド写真館〜
大判のカメラとポラロイドフィルムで撮影する簡易版の写真館です。
仕上がった写真は世界に一枚だけ、その場でお渡し致します。
当たり前のように流れている大切な時間を切り取って残してみませんか。

日時:5月19日11時〜17時
場所:竹田写真館 大阪市天王寺区空堀町10-15 1F
*ご予約頂いた方、優先にてご案内いたします
*フィルムが無くなり次第終了とさせて頂きます

料金表

ポラロイド写真館(台紙仕上げ)_________2500円
プロの現場でしか、なかなかお目にかかれない大判のカメラとポラロイドフィルムで
竹田写真館館長が撮影する簡易型の写真館です。
仕上がった写真は世界に一枚だけ。その場でお渡し致しますので大切にお持ち帰り下さい。

*通常の写真館にお越し頂いた事のある方は2000円にてご案内致します。

ポラロイド写真館体験________________500円
ポラロイドフィルムを使って、お父さんお母さんが子供さんを、また子供さんが
お父さんお母さんを撮影。といった参加型の写真館です。
撮る人、撮られる人。お話ししながら、笑いながら、時には大泣きしたり。
一回きりのシャッターチャンスを大切に撮影して頂きたいです。
もちろん、親子さん以外の方もご参加できます。

ポラロイド用オリジナルフレーム_______3000円
竹田写真館のフレームは高知の桜の木を使った手作りのフレームです。
写真館の存在感たっぷりの大きな椅子、宇宙のようなハンガーラックとハンガー。
姿見に小さな椅子。建具の扉、窓。表札。
竹田写真館の木という木は全て粂井製作所にお願いしています。
このポラロイドフレームはポラロイド写真館専用に作って頂きました。