Information| 2017.04

2017.04.30

移転にまつわるお話

第5話『今の写真館を表す什器建具たち』

元々は一目で写真館とわかるような設えにすればよかったんですが、、、、。
例えばファサードには大きな看板があって一目で写真館だと分かる。
近づくと重厚な扉があり両サイドには丸みを帯びたガラスのショーウインドー。
中には額装されたお客様の写真が几帳面に並べられて、写真館の歴史と思いが表現されています。
扉を開けると木目のフローリング、重厚な椅子がまず目に入り、奥には奇麗なドレープのかかったカーテン。
そして館長がすーっとお出迎えする、、、、。みたいな、、、。

写真館を作るにあたって正直そんなイメージもありました。
ただそうしてしまうとスタジオとしての使い勝手が悪くなってしまいます。
週末は写真館でありながら平日は自身のスタジオとして使用する前提で考えると
変化できて使いやすい白い箱がベストでした。
でも大切な記念にわざわざお越し頂くお客さまに真っ白い世界というのも味気も何もありません。
もう少し写真館に来たという実感やテンションをあげて頂きたい、
だからこそ建具と什器だけは写真館の雰囲気を表現してくれる、
顔になり得るくらいの存在感のあるものが必要でした。
そしてもう一点は「今の写真館」にしたかったのです。
前述したようなレトロなイメージの写真館は当時めちゃめちゃ斬新でかっこいいものだったと思います。
過去形にしたのは、勿論今でもかっこいいのですが、外見の話ではなく中身のお話です。
鎖国から開国への大きな時代のうねりの中で写真は日本に伝わりました。
洋館のイメージはそう言った海外へのあこがれを含んだ、言わばその当時の最先端のイメージだったと思います。
写真は常に新しいものと共にあるというイメージが僕の中にはありますが、
それは、そこから約100年もの間、記録、伝える手段、芸術、 あらゆるジャンルで写真は最先端を走り続けていたのです。
今に目を移すとすっかり写真は高価な一部の人のものから、全ての人にとって無くてはならないものになりました。
そんな今を反映する写真館にしたいという思いが強くありました。
フィルムかデジタルかで最後まで悩んだ挙げ句デジタルにしたのも、
「毎年撮る」に重きをおいて始めた写真館なので、続けていける環境であるかという点も重要だったんですが、
それ以上に「今の写真館」を作るという思いが強くありました。
設えもあえて古いイメージで外見を装うのではなく、作り手の人が思う「今の写真館」を形にして頂き
使い込んで一緒に年を重ねていく。 そんなイメージでした。

5年前の開業当時から竹田写真館の木製フレームをお願いしている粂井仰君。
間借り営業の時から、移転する時には絶対この人に什器と建具をお願いしたいと思っていました。
ついに念願が叶い後日ラフのスケッチを持ってきてくれました。
最初に見せてくれたものは思っていた以上に凄くすっきりしたデザインのものでした。
普段から作ってくれているフレームのような感じでした。
正直個人的には凄くすっきりしたデザインが好きで、そこを汲み取って頂いたんだと思います。
フレームは僕の希望でシンプルなデザインにして頂きました。
それは「毎年撮る」がテーマの写真館なので、毎年購入して頂くお客様もいらっしゃるかもしれない。
途中でデザインを変えたくなかったので、極力飽きない、一枚でも、何枚並んでいてもいい感じのもがイメージとしてありました。
そんな中でもガラスに写真を挟むという斬新なアイデアを盛り込んで頂いたんですが。
今回はそれ以上に存在感があって仰君も楽しんで作れたと感じて頂けるものがいいと再考をお願いしました。
次に見たスケッチでは本当に度肝を抜かれました。
スケッチだけでテンションが上がり、 本当にこの人にお願いしてよかったと思いました。
木材も扉、窓はある程度水に強い米栂(べいとが)。
そのほかのものは全てオリジナルフレームと同じく高知の桜の木で作って頂けることになりました。
本当にありがとうございました。

粂井製作所

info20170430_1
今では別物かというくらい色が濃くなっていますが。それも沢山の方に触れて頂いた証。
info20170430_2
椅子に次いで色々聞かれることが多いハンガーラックとハンガー。
info20170430_3
狭いスペースなのでスタッキングが出来るものをお願いしました。
info20170430_4
撮影直前に確認して頂く用の姿見。写真の想像がついて笑顔になる瞬間。
info20170430_5
写真館の象徴の椅子。「スケッチで描いたはいいけど本当に作れるかわからなかった」本人談。
info20170430_6
どれだけ時間をかけて作ってくれたんだろう。想像するだけで胸が熱くなります。

2017.04.21

2017年5月6月開館日のご案内

どうぞよろしくお願い致します。

5月
03日(水)終日
04日(木)終日
05日(金)11時から12時以外終日
06日(土)終日
07日(日)終日
13日(土)終日
14日(日)終日
20日(土)終日
21日(日)歩いて遊ぶ写真館/ポラロイド写真館@竹田写真館(イベント開催)
27日(土)終日
28日(日)終日

6月
03日(土)終日
04日(日)終日
10日(土)終日
11日(日)終日
17日(土)終日
18日(日)終日
24日(土)12時から13時以外終日
25日(日)終日

*撮影は一時間程度です
*完全予約制になります
*上記以外の日時でも可能な限り調整致します
*上記は本日(4/21)の予約状況で以降の予約は反映されません

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ

2017.04.04

ゴールデンウィークも営業致します

新しい年度がいよいよスタートですね。
新入生がいらっしゃるご家族、また転勤で大阪を離れられるご家族。
出会いと別れの3月4月。
例年にも増して沢山の方にご来館を頂きました。
この場をお借りしまして御礼申し上げます。
そしてあっという間にゴールデンウィークが訪れますが、
竹田写真館は5月3日から5月7日も休まず営業致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

2017.04.03

『歩いて遊ぶ写真館』終了致しました

info20170403
御礼が遅くなってしまいましたが、
3月26日に開催させて頂きました「歩いて遊ぶ写真館」無事に終了致しました。
お越し頂きました皆様、ありがとうございました。
午後の部はあいにくの空模様で少し残念でしたが、
写真館を飛び出してお話ししながら撮影をするといった時間が
とても新鮮でした。
また是非機会を設けたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。